メインコンテンツまでスキップ

コースの紹介

はじめに

🎉 コースの紹介

このワークショップは、Scaffold-ETH 2とThe Graphを中心に構築されています。以下の内容を学びます:

  1. Scaffold-ETH 2とThe Graphを使用して、dappの開発環境をセットアップする方法
  2. スマートコントラクトの更新とデプロイをする方法
  3. The Graphにサブグラフを作成してデプロイする方法
  4. フロントエンドを編集して、スマートコントラクトとサブグラフの両方とやり取りする方法

🏗 Scaffold-ETH 2 とは 🏗

🧪 イーサリアムブロックチェーン上で分散型アプリケーション(dApps)を構築するためのオープンソースの最新ツールキットです。開発者にとって、スマートコントラクトの作成・デプロイ、およびそれらのコントラクトとやり取りを行うユーザーインタフェースの構築がより簡単に行えることを目的としています。

⚙️ NextJS、RainbowKit、Hardhat、Wagmi、Typescriptを使用して構築されています。

  • コントラクトのホットリロード: スマートコントラクトを編集すると、フロントエンドが自動的にそれに適応します。
  • 🔥 バーナーウォレット&ローカルフォーセット: バーナーウォレットとローカルフォーセットを使用して、アプリケーションを素早くテストします。
  • 🔐 ウォレットプロバイダーとの統合: 異なるウォレットプロバイダーに接続し、Ethereumネットワークとやり取りします。

Scaffold-ETHについてもっと知りたい場合は、Github リポジトリScaffoldeth.io をご覧ください。

🧑🏼‍🚀 The Graph とは?

The Graph は、GraphQLを使用してEthereumとIPFS上でdAppを素早く構築するためのプロトコルです。

  • 🗃️ 分散型インデックス作成: The Graphは、効率的にブロックチェーンデータをインデックス化・整理するためのオープンAPI(「サブグラフ」)を可能にします。
  • 🔎 効率的なクエリ: プロトコルは、GraphQLを使用してブロックチェーンデータを効率的にクエリできます。
  • 🙌 コミュニティエコシステム: The Graphは、開発者がサブグラフを構築・デプロイ・共有できることで、コラボレーションを促進します!

詳しい手順と背景については、Getting Started Guide をご覧ください。

🧱 何を構築するのか

イベントデータのデータストレージにThe Graphプロトコルを利用するスマートコントラクトとフロントエンドを構築します。

https://sendmessage-tau.vercel.app

🌍 プロジェクトをアップグレードする

この学習コンテンツは、UNCHAIN License のもとで運用されています。

プロジェクトに参加していて、「こうすればもっと分かりやすいのに!」「これは間違っている!」と思ったら、ぜひpull requestを送ってください。

GitHubから直接コードを編集して直接pull requestを送る方法は、こちらを参照してください。

どんなリクエストでも大歓迎です 🎉

また、プロジェクトを自分のGitHubアカウントにForkして、中身を編集してからpull requestを送ることもできます。

  • プロジェクトをForkする方法は、こちら を参照してください。
  • Forkからpull requestを作成する方法は、こちら です。

👋 UNCHAIN-projectspull requestを送る! ⏩ UNCHAIN の GitHub にアクセス!

⚡️ Issueを作成する

pull request送るほどでもないけど、提案を残したい! と思ったら、こちらIssueを作成してみましょう。

Issueの作成方法に関しては、こちらを参照してください。

pull requestissueの作成は、実際にチームで開発を行う際に重要な作業になるので、ぜひトライしてみてください。

UNCHAINのプロジェクトをみんなでより良いものにしていきましょう ✨

🙋‍♂️ 質問する

ここまで何かわからないことがある場合は、Discordの#thegraphで質問をしてください。